おいしいドイツ:トルテ編その1

 ビールやソーセージがメインにとられがちなドイツですが、おいしいスイーツもたくさんあります。ドイツのスイーツはどちらかというと素朴なものが多い気がします。

ドイツは日本で言う「ケーキ」を主に2つに分けて考えています。デコレーションケーキのようにクリームやフルーツ、チョコレートなどで飾ったものをトルテ(Torte)、飾るとしても粉砂糖をまぶすぐらいの日本で言う焼き菓子に近いものがクーヘン(Kuchen)と呼ばれています。トルテやクーヘンはカフェが併設されたカフェ・コンディトライ(Cafe-Konditorei)や、パン屋さん(Backerei ベッカーライ)で買うことができます。

カフェ・コンディトライはカフェでコーヒーや紅茶とケーキをいただくこともできますし、もちろんテイクアウトをすることもできます。街中に意外とたくさんありますので、観光の合間の休憩にぴったりです。

パン屋さんは街中にもありますし、地下鉄の入り口付近(改札そばの地下)にもあります。パンコーナーの端に果物(生ではなく、煮たり焼いたりされています)やジャム、チーズなんかを使ったクーヘンがおいてあったりします。

旅行中は普段よりもたくさん歩くことが多いですから、糖分の補給にホテルへの帰り道に私は駅のパン屋さんでクーヘンを買って帰ったりもします。駅の中のパン屋さんも街中にあるパン屋さんのチェーン店が多いです。もちろん個人経営のパン屋さんもたくさんあります。

カフェ・コンディトライ(単にコンディトライともいいます)には店内だけではなく、お店の外にイスやテーブルを出しているところもたくさんあります。街の雰囲気に浸って、お店の外でケーキをいただくのもいいですよ。なんとなく、店内よりもゆっくりできるような気もします。

トルテはたいてい、店の中のショーケースのところで先に注文します。食べたいケーキを言うと、お店の人が小さな紙にケーキの名前か、番号を書いた紙を渡してくれますので、これをもって自分の好きな席に座ります。そして、飲み物の注文をとりにきてくれたお店の人にこの紙を手渡せばOKです。

ただし、老舗のカフェになると、常連さん用の席をキープしていたりするので、場合によってはそこに座ってはだめだと言われることもあるかもしれませんが、常連さんを待っているだけなので、別の席に移ってあげてくださいね。

[ pick up 1 ] リンダーホーフ城

ノイシュバンシュタインに行く途中、ルートヴィッヒ2世が2番目に作ったお城、リンダーホーフ城へ行きました。リンダーホーフ城はルートヴィッヒ2世が生きている間に完成し、ルートヴィッヒが長期滞在したお城で、フランス国王ルイ16世が王妃マリー・アントワネットに贈ったプチ・トリアノンをモデルにして作られたと言われる白壁の小さい、可愛らしいお城です。
続きを見る

[ pick up 2 ] ドイツの一人旅

ドイツ語をかじったことのある人なら、語学のお勉強も兼ねてドイツに一人旅に出てみてもいいと思いますし、ドイツが初めての人もドイツ文化にじかに触れに一人旅に出てみてもいいと思います。
続きを見る